めまいが起こるメニエール病を改善【病気要らずでストレス要らず】

腎臓の機能を補助

これまでの歴史や変遷

人工透析とは腎臓の機能を人工的に代替することで、主に血液透析と言われている。戦前よりアメリカやドイツで行われていたが、治療法としての人工透析が確立されたのは第二次世界大戦後だと言われている。当初は延命を目的とした治療を行っていたが、延命に留まらず、QOLに寄与する治療法として透析機器や透析液の開発が行われるようになっている。それに伴って人工透析患者も飛躍的に増加している。日本においては、1967年に健康保険の適用になったが、高額な治療費を理由に多くの方が治療を受けられずに亡くなっている。1972年に身体障害者福祉法の対象となり、更生医療が受けられるようになり人工透析患者の医療費負担が大幅に軽減されるようになっている。1984年に高額医療費として上限1万円までとなったことで、より大きく軽減されることとなり、人工透析が受けやすくなっている。

人工透析の今後の動向について

人工透析の今後の動向について、現在我が国における患者は32万人に達している。糖尿病性腎症の方は今後減少に転じることが予想されている。反対に腎硬化症の方や高齢者の方の増加が予想されている。人工透析に要する医療費の負担は増加傾向にあり、今後医療費の負担を強いられる可能性はある。また、人工透析患者の高齢化は透析医療の新たな問題として対策の検討がなされている。透析機器や透析液の進歩は著しいものである。より効率的な人工透析が行われるようになり、患者の寿命は大きく伸びている。長期間に渡り、治療を受けている方も増えている。人工透析患者の高齢化は今後の動向に大きく左右するものである。医療現場に介護の介入が必要不可欠な状況になると予想され、現に取り組み始めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加