めまいが起こるメニエール病を改善【病気要らずでストレス要らず】

摘出で改善

がん治療の中の放射線治療の位置づけ

癌を治療する方法は大きくわけて3つあるといわれています。 ひとつは外科で行う手術です。 これは、がん細胞そのもの、あるいは腫瘍が播種した部分やリンパ節などを直接摘出する方法です。 ただし、手術には適応といってがんの進行具合によって手術可能かどうかが決まります。 具体的には、ある程度進行してしまった癌では手術が出来ない事もしばしばあります。 もうひとつは、化学療法といって、いわゆる抗がん剤があります。 これはがん細胞を倒すお薬を使って治療していく方法です。 これは比較的進行している癌にも使用出来ます。また、手術と併用して行っていく事もあります。 ただし、抗がん剤はがん細胞も倒しますが、正常細胞にもダメージを与えるため、副作用が強い事も多いです。 3つめの方法が放射線治療になります。

なぜ放射線によって癌が治療出来るのか

放射線治療はなぜ癌に有効なのでしょうか。 放射線というと、一般的には通常浴びると危険なもの、被爆といったイメージが強いと思います。 放射線は細胞分裂の時に遺伝子に作用して細胞を増えないようにします。 また細胞が新しい細胞に生まれ変わる時に脱落する仕組みを促します。 この作用のため、正常細胞にも悪影響を及ぼすので通常浴びないようにすることが必要なのです。 ただし、局所的にこれを利用すればがん細胞を倒す事ができるのです。 これを放射線治療といいます。 放射線治療の利点はなんと言っても手術する事なく癌に対して治療効果を発揮出来る点です。 例えば子宮頸がんに対しては放射線治療は優れた治療効果を発揮します。 放射線治療も単独で行うだけでなく、手術療法や化学療法と併用して行う事もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加